ニューフレアが続伸、電子ビームマスク描画装置の成長性に期待

 ニューフレアテクノロジー<6256.T>が続伸。半導体製造に使用する電子ビームマスク描画装置などを手掛けるが、スマートフォン向け半導体の需要増勢で収益は改善傾向にある。4~9月期は連結営業利益が前年同期比9.1%減の88億8700万円と減益だったものの、従前の見通しであった78億円からは大幅に増額されたことで見直し機運が強まり、25日移動平均線を下支えとする上昇トレンドを継続している。東芝の連結子会社化で市場の注目度も増しており、電子ビームマスク描画装置の成長性に期待した買いが継続するとの見方が強まっている。

ニューフレアの株価は10時41分現在1万4070円(△160円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)