◎13日前場の主要ヘッドライン

・テンプHDが反発、景気回復で4~9月期最終3割超の増益
・AGCapが大幅続伸、「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消
・ユーグレナが軟調、今期営業利益が実質横ばいで売り優勢
・ツガミ、牧野フなど工作機械株が高い、10月受注額の18カ月ぶり増加を好感
・日金銭、アドアーズなど軟調、カジノ法案骨子決定でいったん利益確定
・オイシックスが大幅続伸、9月中間期2ケタ増益を好感
・エンシュウが急反落、9月中間期営業利益2ケタ減益を嫌気
・大成建、鹿島が続落、今期業績予想の下方修正に警戒感
・USENが大幅高、光通信買い増しの動きで株高思惑が増幅
・ガンホーが続伸、需給悪ピーク越えで切り返し

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)