<後場の注目銘柄>=三社電機、業績好調、割安感際立つ

 三社電機製作所<6882.T>は株価変貌の可能性を内包しており要注目だ。同社は電源関連機器を収益の柱としており、半導体生産も手掛ける。

 太陽光発電向けパワーコンディショナーが収益を牽引するほか、ここ景気減速懸念が和らいでいる中国向けエアコン用モジュールが好調に推移、14年3月期連結経常利益は前期比3割増の21億円を見込んでいる。

 同社の筆頭株主は業績回復で復権著しいパナソニックであることもプラスの思惑につながっている。

 6月に増資発表に伴い需給悪化懸念で急落したが、そこが絶好の買い場となった。PER6倍、PBR0.5倍と割安感が際立っており、時価近辺はどこを買っても報われそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)