<チャートの視点>=イトーキ、W底形成から下値切り上げ

 イトーキ<7972.T>は4月9日に年初来高値675円をつけたあと、6月7日安値435円と8月9日安値434円でW底を形成し、下値を切り上げながら三角もち合いの様相を呈している。また、5日移動平均線(12日時点:499円)と25日移動平均線(同:501円)が急速に近づいていることも注目点だ。なお、PER(予想)は8.5倍、PBR(実績)は0.6倍であり、この面からも手掛けやすさがありそうだ。
 10月末のオフィス空室率が4年4か月ぶりの低水準となった(オフィス仲介大手の三鬼商事が11月7日発表)ことが伝えられるなか、移転に伴う需要増なども期待できそうである。

イトーキの株価は13時59分現在508円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)