デイシイがマイナスに転落、通期業績予想据え置きで失望感

 デイ・シイ<5234.T>が後場終盤になってマイナスに転じてきた。午後2時30分に第2四半期累計(4~9月)連結決算を発表しており、売上高196億6900万円(前年同期比5.5%増)、経常利益10億3300万円(同79.5%増)と、従来予想の売上高190億円、経常利益7億円を上回る好決算だったが、14年3月期通期業績予想を売上高380億円(前期比0.5%増)、経常利益14億5000万円(同10.4%増)の従来予想を据え置いた。この日は、12日引け後に太平洋セメント<5233.T>が14年3月期業績予想の上方修正を発表したことを受けて、太平洋セメに販売を委託し、業績連動性が強い同社にも好決算期待の買いが入っていたが、通期予想の据え置きが失望売りにつながったようだ。

デイシイの株価は14時50分現在740円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)