今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場はジリジリと99.40円台まで軟化する場面もありましたが、その後は99.60円台まで再び切り返すなど、底堅い動きが続いています。
この後の展開について、予定されている経済イベントを確認しつつ、考えてみましょう。

11/13(水)
18:30☆(英) 10月雇用統計
19:00☆(ユーロ圏) 9月鉱工業生産・季調済
19:30☆(英) BOE四半期インフレレポート
20:00 (南ア) 9月実質小売売上高
21:10 (ユーロ圏) バイトマン独連銀総裁講演
22:45 (米) ピアナルト米クリーブランド連銀総裁講演
27:00 (米) 10年債(240億ドル)入札
28:00 (米) 10月月次財政収支
30:45 (NZ) 第3四半期小売売上高指数
※☆は特に注目の材料

ドル/円相場に直接影響しそうな材料は少なく、基本的に株価と米長期金利睨みの展開になりそうです。

一方、本日の英国はイベントラッシュです。特にインフレレポートは、英中銀が超低金利政策を解除すると見られている時期を前倒しする見通しを出すのでは?との観測もあり、内容には注目が集まります。