やはり100円の壁なのか?

100円の上には逆指値が増えている模様
マーケットの地合いは悪くないようですね。
米国10年債は1か月前の高値を越えて、現在2.7680%です。
本日の日経平均は小幅安で終了し、下げたところは買われているようなチャートになっています。
終わってみれば、毎回14,000円は支えられているようですので、今度こそ15,000円を突破することに期待したいですね。
欧州市場は軟調にスタートしており、クロス円は下げていますが、ドル円は99.40円をキープ。
99.70円になると利益確定も出ていそうですが、まだ買いの方が強そうです。
99円台で長く揉み合えば揉み合うほど、逆張りの売りを仕掛ける人も増えてくるため、上に抜けた時のインパクトが強く上昇が見込めます。

100円を越えるためには、材料が必要とのアナリストの声も出てきているようです。
今夜は、日本時間24時のオプション設定があるようですので、これを狙った動きが出てくるかどうかですが、NY市場まではレンジでの推移となりそうです。