【買い】PALTEK (7587) 短期暴落後のリバウンド期待 = フェアトレード 田村 祐一

短期暴落後の買戻しが入りやすい水準
2013年11月14日12時10分追記

前場は、前日比5.98%高の620円で引けました。寄り付き直後に一時前日比13.6%高の665円まで上昇しました。その後は、短期で暴落しただけに、売りに押されました。しかし、前場引け直前に買戻しの動きが見られたことから、後場は、再度株価上昇する期待が持てます。後場の動向に注目したいです。

なお、本日は株価の値動きが荒くなっていますので、過度な資金量での投資はリスクが高くなりますので、注意が必要ですね。

■注目銘柄
PALTEK (7587)

■注目理由
同社は、独立系半導体商社。主力の半導体事業がスマホ向けに好調なほか、医療用機器とは産業機械関連の半導体の販売も堅調です。前年度は赤字でしたが、今期業績は黒字に展開する可能性が高くなっています。

直近の同社株価は、業績の急回復を期待した買いが継続的に入り、一時は年初来高値860円(11月7日)まで大きく株価上昇しました。しかし、7日の第3四半期決算発表後は、材料出尽くしによる利益確定売りが大きく出ました。現在の株価は、年初来高値から約30%程度下落している水準であり、短期的に大きく売られすぎている水準である可能性があると判断しました。

14日は、直近の利益確定売りが一巡し、株価上昇に転じる期待が持てると考えます。
14日の同社株価動向に注目したいと考えます。