岩谷産が反発、経産省が水素・天然ガス補給施設の併設緩和と報じられ事業機会拡大に期待

 岩谷産業<8088.T>が反発。きょう付の日本経済新聞で、経済産業省が燃料電池車に水素を補給する水素ステーションを天然ガスの補給施設と併設しやすくすると報じられたことを受けて、水素のトップサプライヤーとして水素ステーション拡充を図る同社に事業機会拡大への期待が高まっているようだ。記事によると、水素と天然ガスを貯蔵するタンクの間に壁を設ければ、同じ施設内に置けるようにするとしており、水素ステーションを2015年までに100カ所設ける目標に向けて、300超ある天然ガス補給施設での普及を促すのが狙いとしている。

岩谷産の株価は9時3分現在449円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)