日鉄住金物産が急騰、14年3月期業績見通しを増額と期末増配を評価

 日鉄住金物産<9810.T>がカイ気配でスタートし前日比48円高の347円で寄り付いた。同社は13日、14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の1兆1000億円から1兆4700億円に最終利益は68億円から220億円に増額したことを評価する買いが流入した。また同時に、連結配当性向20%程度を目安として、これまで未定としていた期末配当を6円とすることも発表、年間では11円配当となり前期実績比3円の増配となることから物色意欲を増幅させている。

日鉄住金物産の株価は9時24分現在370円(△71円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)