Jトラストは軟調、第2四半期最終利益85%減

 Jトラスト<8508.T>が軟調。同社は13日、14年3月期第2四半期累計(4~9月)連結決算を発表した。売上高は288億4500万円(前年同期比17.9%増)、営業利益は22億3200万円(同70.2%減)、最終利益は11億4400万円(同84.6%減)となった。
 前年度に子会社となったアドアーズ<4712.T>や親愛貯蓄銀行の事業収益が通期で寄与したことで増収となったが、この事業収益化伴い売上原価が増加したことや、同社グループの事業規模の拡大による人件費やその他経費が増加した。さらに、韓国の経済政策などの影響を受け親愛貯蓄銀行の貸倒関係費用が増加したことで大幅な減益となった。

Jトラストの株価は9時34分現在1283円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)