米株式の上昇を好感し買い先行、7~9月期のGDP注目

14日の株式相場見通し
14日の東京株式市場は、前日の米株式市場の上昇を好感し、買いが先行することになりそうだ。
ただ、依然として短期的な過熱感も根強いことから、買い一巡後は上値の重い展開も予想される。

13日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が前日比70ドル高の1万5821ドルと反発し、11日に付けた終値ベースでの過去最高値を更新した。
外国為替市場では、1ドル99円台前半での推移となっている。
日程面では、7~9月期のGDP速報値、9月のマネタリーサーベイ、9月の鉱工業生産指数・確報に注目。
海外ではユーロ圏7~9月のGDP、米9月の貿易収支、ユーロ圏財務相会合、米上院銀行委員会でイエレン次期FRB議長候補の指名承認公聴会が焦点となる。