芙蓉リースが4日続伸、メガソーラーを国内20カ所に建設と報じられる

 芙蓉総合リース<8424.T>が4日続伸。きょう付の日刊工業新聞で、14~16年度にメガソーラーを国内約20カ所に建設すると報じられたことが手掛かり材料視されている。記事によると、現在、シャープ<6753.T>と共同出資する子会社「クリスタル・クリア・ソーラー」が北海道や奈良県、広島県など7カ所で発電事業を手掛けているが、13年度中に少なくともあと4カ所に新設するほか、16年度までに合計30カ所程度まで増やすという。投資額は約150億円に上るとしており、他社が設置したメガソーラーの買い取りも検討すると記事では伝えている。

芙蓉リースの株価は9時49分現在4225円(△85円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)