ウォーターDが3日続伸、株主優待制度導入を好感

 ウォーターダイレクト<2588.T>が3日続伸。14日引け後に発表した第2四半期累計(4~9月)単独決算は売上高42億8300万円(前期比31.5%増)、経常利益1億200万円(前年同期400万円)と7日発表の下方修正値で着地したが、同時に発表された株主優待制度の導入が好感されているようだ。
 新設の株主優待制度は毎年3月31日現在の株主に対して、使いきりタイプの10リットルの天然水「CLYTIA DAILY」1本(1500円相当)、または、主力商品の天然水「CLYTIA25」2本(3570円相当)を贈呈するというもの。来年3月31日時点の株主からスタートする。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高90億円(前期比25.1%増)、経常利益4億5000万円(同16.0%増)の修正値を据え置いている。

ウォーターDの株価は10時8分現在685円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)