エンジャパンは軟調、いちよしは直近の株価上昇で投資判断を「B」に引き下げ

 エン・ジャパン<4849.T>が軟調。いちよし経済研究所が13日付のリポートで投資判断を従来の「A」から「B」に引き下げた。ただし、フェアバリューについては2000円から2500円に引き上げた。
 リポートでは「主力の中途採用事業が順調に推移している。上期の同事業は売上高69億1400万円(同18.0%増)、営業利益19億500万円(同26.1%増)であった。『[en]社会人の転職情報』での掲載課金型の求人広告が、業績を牽引した。通期でも業績上振れは可能と考え、フェアバリューを引き上げる。ただし、直近の株価上昇から投資判断を引き下げる」としている。

エンジャパンの株価は10時44分現在2439円(▼37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)