東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価急伸、半年ぶりの1万4900円台回復

 後場寄り付きの東京株式市場は、日経平均株価が上昇幅を急拡大している。上昇幅は300円を大きく上回り、1万4900円台に乗せ、約半年ぶりの高値水準となっている。
 株式市場の昼休み時間中に、麻生太郎副総理兼財務相が「外国為替市場での投機的な動きに対しては対抗手段をもたなければならない」と発言したことが伝えられ、外国為替市場で1ドル=99円70銭台まで円安・ドル高が進行すると同時に、日経平均株価も株価指数先物主導で急伸している。なお、アジアの主要株式市場は、ほぼ全面高の推移となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)