ドル円、100円台回復か??

日経15,000円乗せとシンクロ・・・・
 昨日のNY時間の引き際、イェレン・次期FRB議長候補の公聴会証言の原稿が公表され、「米経済や雇用は潜在力を大きく下回る」等と、かなりハト派度の目立つ表現が見られました。

 これを受けて、米国債利回りが急低下し、全般的なドル売りの流れも強まりました。この為、ドル円も反落となりましたが、99.10円レベルでは下げ止まり、再び下値の堅さが確認されました。

 一方、米国株は、既に取引を終えていましたが、時間外取引が始まると、S&P500種先物が史上最高値を更新する等、上昇基調を強めました。これが日経平均株価を押し上げ、後場に入って上げ幅を拡大。現在、15,000円の大台に迫る勢いとなっています。

 ドル円も株高とシンクロする動きを強め、99円台前半から99円台半ばまでじりじりと上げ幅を拡大しており、日経平均株価の大台乗せが見られれば、ほぼ同時に、100円の大台乗せを試す展開となりそうです。一昨日高値、99.80円超えレベルには、ストップロス・オーダーもあると市場では云われており、市場には、緊張感が漂っている感じです。