<チャートの視点>=トプコン、GC追い風に約1カ月ぶりの年初来高値

 トプコン<7732.T>が10月15日につけた年初来高値1600円を約1カ月ぶりに更新した。11日に5日移動平均線が25日移動平均線を上抜けゴールデン・クロス(GC)を達成。株価は十字線をみせ翌日には上昇相場の継続を示す陽線が現れチャート妙味が増す格好となっている。
 同社の主要3事業であるポジショニング・カンパニー(GPSを搭載した建機のマシンコントロールやIT農業システムを提供する事業)やスマートインフラ・カンパニー(測量、建設現場で使用されるトータルステーションや3次元計測システムを提供する事業)、アイケア・カンパニー(眼科医療向け製品と視力測定など眼鏡店向け製品を提供する事業)はいずれも好調さを維持している。10月31日に発表された第2四半期の連結決算は売上高527億9500万円(前年同期比14.5%増)、経常利益40億4000万円(同8.3倍)、最終利益16億7300万円(前年同期は12億2100万円の赤字)と当初予想に比べてそれぞれ上方修正された。会社側では今後も新製品の投入などによって更なる販売拡大を目指すほか、東京オリンピックに絡む新規需要などにも積極的に対応していく方針を打ち出している。

トプコンの株価は15時現在1590円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)