今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は堅調で、欧州市場に入ると99.80円台まで値を伸ばしました。
この後の展開については、予定されている経済イベントを確認しながら考えてみましょう。

11/14(木)
18:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
18:30☆(英) 10月小売売上高指数
18:45 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
19:00☆(ユーロ圏) 第3四半期GDP・速報値
22:30☆(米) 9月貿易収支
22:30☆(米) 11/8までの週の新規失業保険申請件数
22:30 (米) 第3四半期非農業部門労働生産性
22:30 (米) 第3四半期単位労働費用
23:00 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁、講演
24:00☆(米) 上院銀行委員会、イエレン次期FRB議長の指名公聴会
27:00 (米) 30年債(160億ドル)入札
27:45 (英) マイルズ英MPC委員、講演
―― (ユーロ圏) 財務相会合
※☆は特に注目の材料

☆つきの材料はいくつかありますが、注目度が飛びぬけて高いのがイエレンFRB副議長の公聴会です。
昨日、証言原稿の草案は公表されていますが、質疑応答での同副議長の話し方如何では、量的緩和縮小時期の思惑を呼びながらドルが大きめに動く可能性もあるでしょう。