チタン工が14年3月期業績を下方修正、減価償却負担の増加など響く

 チタン工業<4098.T>が14日の取引終了後、2014年3月期業績予想の下方修正を発表した。売上高は60億円から58億円(前期比13.1%増)に見直したほか、営業損益は2億6000万円の黒字から9000万円の赤字(前期は2900万円の赤字)、最終損益は2億円の黒字から1億8000万円の赤字(同7億7000万円の黒字)に修正した。原燃料価格の値上がりやチタン酸リチウム増産投資に伴う減価償却負担の増加などが響く。
 今期配当は従来予想の年4円から同2円(前期比2円減)に見直す。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)