1ドル=100円台の円安好感し続伸

15日の株式相場見通し
15日の東京株式市場は、前日の米国株市場でNYダウが最高値を更新したことや、足もと外国為替市場で円安が進行していることを受けて買いが先行しそうだ。
為替は1ドル100円台前半で推移しており、これが主力株中心に好感される可能性が高い。

日程面では、20年国債入札、10月の発電電力量速報、キャロライン・ケネディ駐日米国大使来日に注目。
海外では、EU財務相理事会、10月の米鉱工業生産・設備稼働率、米10月の輸入物価が焦点となる。