C&GSYSが大幅3日続伸、13年12月期業績予想と配当予想の上方修正を好感

 C&Gシステムズ<6633.T>が大幅3日続伸。14日の取引終了後、13年12月期の連結業績見通しを従来予想の売上高33億4600万円、経常利益1億8400万円から、売上高34億6000万円(前期比2.1%増)、経常利益2億6000万円(同33.7%増)に上方修正したことが好感されている。自動車産業を中心とした製造業の回復を背景にCAD/CAM製品の旧システムから最新版への移行需要が拡大したほか、海外ではタイを中心に東南アジア地域の販売が拡大したことが要因という。また、業績予想の上方修正に伴い、従来5円を予定していた期末一括配当を7円(前期5円)に引き上げると発表したことも好材料視されている。
 なお、第3四半期(1~9月)決算は、売上高26億7900万円(前年同期比4.8%増)、経常利益2億7700万円(同62.1%増)となった。

C&GSYSの株価は9時44分現在973円(△102円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)