キユーピーが反発、低温物流事業拡充報道を材料視

 キユーピー<2809.T>が反発。15日の日本経済新聞が「冷蔵・冷凍の食品を扱う低温物流事業を拡充する」と報じたことが材料視されたようだ。約100億円を投じて神戸市と埼玉県所沢市に相次ぎ大型施設を新設。大消費地に効率的に届ける体制を整え、グループ外のメーカーやスーパーからの受託を増やす。高齢化や働く女性の増加によって市場が拡大している総菜や冷凍食品に対応する設備を増やし、グループの物流事業を拡大すると伝えており、今後の業績への貢献が期待される。

キユーピーの株価は10時32分現在1480円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)