長谷工が続伸、9月中間期2ケタ営業増益と受注高予想の上方修正を好感

 長谷工コーポレーション<1808.T>が続伸。14日発表の第2四半期累計(4~9月)連結決算で、売上高2641億4600万円(前年同期比8.5%増)、営業利益107億700万円(同14.6%増)、純利益64億4400万円(同9.2%増)と2ケタ営業増益となったことを好感しているほか、通期受注高を従来予想の3000億円から3500億円(前期比22.2%増)に引き上げたことから、業績予想の上振れ期待も強まっているようだ。なお、14年3月期通期業績予想は売上高5750億円(前期比2.9%増)、営業利益270億円(同11.0%増)、純利益230億円(同15.1%増)の従来予想を据え置いている。
 この決算に対して、シティグループ証券では、株価に与える影響は限定的としながらも、この日に開催される説明会で経営陣から今期中の普通株復配に前向きなコメントが得られればポジティブだろうとコメントしている。

長谷工の株価は11時30分現在741円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)