まんだらけは急反落、13年9月期最終利益95%増に上振れ着地も利益確定売り

 まんだらけ<2652.T>が急反落。株価は一時、前日比600円安の3925円まで売り込まれ、25日移動平均線を大幅に下回っている。同社は14日、前13年9月期通期連結決算を発表した。売上高は従来の89億700万円から94億6300万円(前の期比9.1%増)、営業利益は8億2900万円から12億800万円(同49.6%増)へ、最終利益は3億4800万円から6億7400万円(同95.3%増)へ上振れて着地した。
 積極的な営業を展開したことや、借入金の抑制を図ったことによる融資手数料の抑制を図ったことなどを背景に、当初予想の前の期比横ばいから大幅に上回った。ただ、同社の業績上振れを期待した買いが前日まで集中し戻り高値圏に推移していたことから、きょうは利益確定売りが優勢となっているようだ。
 なお、今14年9月期通期業績予想について、最終利益は6億4900万円(前期比2.0%増)を見込んでいる。

まんだらけの株価は11時30分現在4110円(▼415円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)