雪国まいたけ急伸、通期最終利益14億円へ上方修正

 雪国まいたけ<1378.T>が急伸。同社は14日、14年3月期通期業績予想の修正を発表した。売上高は従来の290億円から295億円(前期比11.2%増)へ、営業利益は16億円から21億円(前期は2億1100万円の赤字)へ、最終利益は10億円から14億円(同17億9500万円の赤字)へ上方修正した。
 主力商品のマイタケ、エリンギ、シメジの販売単価が前期に比べ改善したことや、生産効率の向上を図ったことが寄与した。また、不適切な会計処理をしていた影響が懸念されていたが、会社側では「今回、適切な処理を行ったことで費用処理費が消えたことも、通期業績予想の上方修正を行った要因となっている」(総務部)としており、通期業績予想を押し上げる要因となっているようだ。

雪国まいたけの株価は11時30分現在225円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)