昭和システムは波乱展開、東証が15日から日々公表銘柄に指定

 昭和システムエンジニアリング<4752.T>は波乱展開。寄り付き直後に一時、前日比121円安の1460円まで売り込まれたものの、その後は同368円高の1949円まで買い進まれるなど乱高下となっている。東証が14日、15日から日々公表銘柄に指定すると発表した。信用取引の規制強化で売買の自由度が制限されるとの見方はあるものの、きょうは、思惑含みの売買によって波乱展開となっているようだ。

昭和システムの株価は14時57分現在1800円(△219円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)