【小幅高】100円台突入後 OANDA Japan 佐藤 甲

【予想レンジ】99.80-100.60 【予想時刻】2013年11月15日 18:00
昨日のNY時間のイエレン議長候補の公聴会では事前のドラフトと大きな乖離が無く相場ではハト派と受け止められたことからドル売りが進む展開となりましたが、対円では株価が堅調に推移したことからドル円は底堅い推移となりました。本日のアジア時間もその流れをうけて日経平均が底堅い推移となったことからドル円は100円台をキープすることが出来ました。以前から言われている週足の三角保ち合いは抜けて来た状態となりました。ここからどこまで上昇するかですが、まずは7月、9月に上値を抑えている100.60近辺が上値のメドとして考えられます。上抜けると7月初頭の高値である101.50近辺が意識されると考えられます。
【参考データ】OANDAグループの顧客の取引状況
OANDAグループの顧客のポジション状況は100円台を突破したということで買いポジションで利食いの取引が増えたことでほぼフラットの状態となっています。オーダー状況は100.00にあった大きな売りオーダーをこなしまし少し軽くなりましたが、まだ上には売りオーダーが残っている状況となっています。したは99.00、98.00を中心に買いオーダーが控えていいます。