岩谷産が3日続伸、水素ステーションの基幹装置生産へ

 岩谷産業<8088.T>が3日続伸。経済産業省が燃料電池車に水素を補給する水素ステーションを、2015年までに全国100カ所に設ける政策スタンスを打ち出しているが、そのなか同社は水素搬送を手掛けるトップサプライヤーとして、そのうちの20カ所を整備する方針を掲げている。そうしたなか同社は来年にも水素ステーションの基幹装置の生産を始めると16日付の日本経済新聞が報じており、これが株価を刺激している。これまでは独リンデ社が開発した装置を輸入していたが、内製化することで製造コストを抑え、2015年をメドに水素ステーション全体の建設費を現在の半分以下の2億円程度に引き下げる方針が伝えられている。

岩谷産の株価は9時7分現在472円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)