PSSはしっかり、いちよしはフェアバリューを15万3000円に引き下げ

 プレシジョン・システム・サイエンス<7707.T>がしっかり。いちよし経済研究所が15日付のリポートで投資判断「B」を維持。ただし、フェアバリューを従来の16万円から15万3000円に引き下げた。
 リポートでは「14日に発表された14年6月期第1四半期(7~9月)決算は、売上高が前年同期比8.6%増の9億1000万円、経常損益が9000万円の赤字となり、1億1000万円損失が縮小した。増収は、ロシュグループ向けおよびライフテクノロジーズ社向けDNA自動抽出装置の売り上げ増加やアボット社との新製品開発契約による収入の寄与などによるもの。新たな収益の柱として新製品の出荷開始が来年予定されており期待される」としている。

PSSの株価は10時4分現在18万1800円(▼800円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)