Jフロントが小幅反落、10月度売り上げは百貨店不調で2ケタ超の減少

 J.フロント リテイリング<3086.T>が小幅反落。15日取引終了後に発表した10月度の売上速報で、全事業の合計売上高が前年同月比11.1%減と2ケタ超の減少になったことで買いが手控えられた。高気温で秋冬物ファッションの動きが鈍く、台風の影響も加わり、大丸松坂屋百貨店合計が1.5%減、関係百貨店を含めた百貨店合計は1.6%減少した。パルコもアウターブーツ、ニットを含めた秋冬ファッションが低調で5.9%減少。卸売りの大丸興業は包装資材や農水産品が伸び3.5%増、クレジットは手数料収入の増加で12.1%増と大きく伸びたが、前年に大型改装工事売上げを計上していた反動でその他事業は4.7%減になった。

Jフロントの株価は10時1分現在776円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)