ウエストHDなど太陽光発電銘柄が急落、買い取り価格引き下げ報道を懸念視

 太陽光発電関連銘柄が急落。太陽光発電関連事業を手掛けるウエストホールディングス<1407.T>やサニックス<4651.T>が急落しているほか、昭和シェル石油<5002.T>などが売り物に押されている。18日付の日本経済新聞は、「経済産業省は太陽光発電の買い取り価格引き下げを視野に再生可能エネルギーの普及策を見直す」と報道。電力会社への買い取り価格を2015年度には現在の水準から2割以上下げる案が浮上していると伝えた。太陽光発電の買い取り価格引き下げ案が報道されたことにより、太陽光発電関連事業の収益性悪化への懸念が強まった。

ウエストHDの株価は10時26分現在1585円(▼231円)
サニックスの株価は10時26分現在1060円(▼97円)
昭和シェルの株価は10時26分現在1050円(▼29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)