ピジョンが大幅高、中国「一人っ子政策」緩和の動き追い風に

 ピジョン<7956.T>が大幅高で5100円台に買われ、年初来高値払拭を視界に捉えている。育児用品の大手メーカーで中国での展開力が厚いのが特長で、「高品質を売り物とする同社ブランドの浸透が富裕層を引き寄せている」(中堅証券調査部)という。ここにきて、中国では政府が「一人っ子政策」の緩和を検討していると伝えられており、同社の収益機会拡大をもたらすとの思惑が追い風となっているもようだ。

ピジョンの株価は10時27分現在5110円(△300円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)