洋ゴムが続伸、25日移動平均を3週間ぶり上回る

 東洋ゴム工業<5105.T>が3日続伸で600円台を回復。株価は10月下旬から調整色の強い展開だったが、足もと切り返し波動できょうは10月28日以来、約3週間ぶりに25日移動平均線を上回ってきた。自動車生産回復が著しい北米では大型タイヤに傾注するなどニッチに特化した販売戦略をしいている。13年12月期営業利益は320億円予想と連続過去ピークを更新、アセアン地域への開拓強化で来期以降も成長トレンドを維持できる見通し。

洋ゴムの株価は11時30分現在600円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)