<動意株・18日>(前引け)=住友精化、塩水糖、ブレインパッド

 住友精化<4008.T>=大幅高で年初来高値更新。中国共産党は人口抑制のため1979年に導入した「一人っ子政策」を転換すると明らかにしたことを受け、紙おむつなどの衛生材料や止水剤などの工業用材料に使われる高吸水性樹脂の販売拡大への思惑が広がった。国内3工場に加え韓国、台湾、シンガポール、中国に生産拠点を持ち、現地販売に高い実績を持つことも買い気を誘ったようだ。

 塩水港精糖<2112.T>=大幅続伸。同社は15日、大引け後に東証1部への指定申請を行なっていることを発表、期待を集める動きになってる。同社ではこの申請が東証の承認を受けられるかどうか、またいつ承認を受けられるかは不確定であり、1部指定が認められない可能性があるとしている。1部指定が実現がすれば、注目度が一気に高まりそうだ。

 ブレインパッド<3655.T>=ストップ高。同社15日、大引け後にヤフー<4689.T>との提携により合弁会社を設立する計画に基本合意したことを発表、これを好感する動きとなっている。新たに設立する合弁会社は、専門のデータサイエンティストにより、広告主のデータとYahoo! JAPANのデータを最大限活用するためのコンサルティングサービスを提供することを目的にしている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)