瑞光が3連騰、中国一人っ子政策転換で人気化

 瑞光<6279.T>が3連騰。中国共産党が人口抑制のために1979年に導入した「一人っ子政策」を転換すると明らかにしたことを受けて、衛生用品製造機の国内最大手で子供用紙オムツでも強みを有する同社も人気を集めている。同社は2005年に上海工場を稼働させるなど中国との繋がりは深く、政策転換で人口増となれば恩恵を享受しそうだ。

瑞光の株価は13時7分現在6730円(△330円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)