<チャートの視点>=アルインコ、GC出現で三角もち合いから上放れへ

 アルインコ<5933.T>は9月17日に年初来高値1060円を付けたあと調整を余儀なくされているが、75日移動平均線がサポートラインとなる格好で下値を切り上げてきておりチャートは三角もち合いを形成。一方で、前週末に5日移動平均線(15日時点:960円)が25日移動平均線(同:951円)を上回り、ゴールデン・クロス(GC)が出現した。時価は三角もち合いの上限に位置しており、上値トライとなる場面もありそうだ。
 なお、同社は10月21日に2014年3月期の連結業績見通しについて増額修正を発表。売上高を従来の360億円から370億円(前期比5.7%増)としたほか、経常利益を31億3000万円から34億6000万円(同13.6%増)に、最終利益を18億5000万円から21億5000万円(31.6%増)としている。

アルインコの株価は14時39分現在975円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)