キヤノンが小動き、クレディスイス証券は「アウトパフォーム」継続、目標株価は3800円に引き下げ

 キヤノン<7751.T>が小動き。クレディスイス証券では18日付で、投資判断「アウトパフォーム」を継続、目標株価は3900円から3800円に引き下げている。同証券では業績予想を下方修正、あわせて目標株価も引き下げている。一方で、レンズ交換式カメラのチャネル在庫調整は当初想定よりも遅れているものの、14年12月期中での正常化という基本は変わらず、レーザービームプリンタの好調継続も期待できることから、投資判断は「アウトパフォーム」を継続するとしている。また、3000円を下回る株価水準では自社株買いが実施される可能性が高く、下値も限定的であることから、引き続き中期的な買いを推奨するともしている。

キヤノンの株価は14時43分現在3230円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)