王将フードは既存店のテコ入れに意欲

 王将フードサービス<9936.T>はこの日、大阪証券取引所の北浜フォーラムで説明会を開催。席上、野中正道常務は「既存店のテコ入れを図るべく、グランドメニューの一部刷新や、電子クーポンの導入、東日本を含めて新CMの放送などに取り組んでいく」と語った。同社は天候不順や原材料高などの影響もあり第2四半期累計(4~9月)は連結営業利益で35億9500万円(前年同期比19.5%減)と減益を余儀なくされている。14年3月期通期は80億8300万円(前期比8.2%減)を見込んでおり、下期の巻き返しに意欲を見せている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)