ユーグレナが4日ぶり反落、公募・売り出しによる希薄化などを懸念

 ユーグレナ<2931.T>が4日ぶり反落。18日に公募増資と売り出しを発表しており、1株当たり利益の希薄化などを懸念した売り物が膨らんだ。公募増資500万株と100万株の売り出し、上限90万株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。発行済み株式数は最大で約8.6%増える見通しだ。主幹事はSMBC日興証券。公募増資に伴う調達金額は約74億6700万円で藻類由来油脂開発・生産への設備投資や国内ヘルスケア事業の拡大のための企業買収資金などに充てる。発行価格は26日から29日のいずれかの日に決定する。

ユーグレナの株価は9時35分現在1440円(▼42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)