コマツが反落、ドイツ証が投資判断を引き下げ

 コマツ<6301.T>が反落。この日はドイツ証券が18日付で投資判断を「バイ」から「ホールド」とし、目標株価を2900円から2300円に引き下げたことが観測されている。同証券によると、市場想定を下回る通期計画修正を発表し、鉱山機械事業のリスクはいったん織り込まれる形となったと判断。業績計画には控え目さもあるが、鉱山機械事業の低迷や北米事業の事業方針転換により、当初想定されたほどの為替や価格面での効果が得られないことが市場想定との差となったと指摘している。また、主力の鉱山機械事業回復の兆しが現状見られないため、14年3月期の営業利益予想を2902億円から2152億円に引き下げており、これが目標株価引き下げにつながったようだ。

コマツの株価は10時32分現在2141円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)