川崎重がしっかり、H-2Aロケット23号機用フェアリングの出荷で注目

 川崎重工<7012.T>がしっかり。同社は18日に、H-2Aロケット23号機用衛星フェアリングを種子島宇宙センターに向けて出荷したことを発表している。H-2Aロケット23号機用衛星フェアリングは岐阜工場(岐阜県各務原市)での設計・部品製造を経て、播磨工場(兵庫県播磨町)で組み立てが行なわれていたもので、種子島宇宙センターで打ち上げを執行する三菱重工業<7011.T>に納入され、H-2Aロケット23号機に組み込まれる予定。今後も衛星フェアリングの開発・製造を通して、衛星打ち上げビジネスに積極的に展開する方針で期待が高まるところだ。

川崎重の株価は10時53分現在412円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)