セーレンが4日続伸、東南アジア競技会でのミャンマー選手団ユニフォームを製作

 セーレン<3569.T>が4日続伸、一時前日比45円高の724円まで買われている。同社は12月にミャンマーで開催される第27回東南アジア競技会でミャンマー選手団および関係役員のユニフォーム総勢2400着の製作を手掛けたことを発表した。ユニフォームの素材は、傘下のKBセーレンのマイクロフィラメントを使用し、薄くて軽くて透湿・撥水加工を施した快適素材「ルザス」を使用。ユニフォームの柄表現は、セーレン独自のプロダクションシステム「ビスコテックス」を駆使し、ファッションデザイナーであるコシノジュンコ氏のデザインを1677万色の表現力で色鮮やかに忠実に表現している。今回のユニフォーム製作で、ミャンマーを含めて東南アジアでの同社の評価が高まりそうだ。

セーレンの株価は11時21分現在713円(△34円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)