帝人は小幅続落、テイジン・アラミドが防弾チョッキ向け新複合材料を開発

 帝人<3401.T>は小幅続落。18日にグループのパラ系アラミド繊維「トワロン」の生産・販売会社テイジン・アラミドB.Ⅴ.(本社:オランダ)が防弾チョッキ向けに新しい複合材料「トワロンUD22」を開発、商品化すると発表したが反応はない。新素材は軽量でパラ系アラミド繊維のUD(一方向性)シートに樹脂を含浸、枚積層し、熱可塑性フィルムでラミネートしたもの。従来品に比べ、少ないレイヤーで優れた防弾性能を実現しており、他の「トワロン」製ファブリック、ラミネート、コート加工品、遮蔽版などと組み合わせて使用することで、より高い防弾性能とコスト効率が期待できる。新素材は19日~22日にフランスのパリで開催される国際的な防衛・安全関連の見本市「Milipol2013」に出展する。

帝人の株価は11時25分現在219円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)