<私の相場観>=株式評論家 植木 靖男氏

 株式市場は足もと上昇の反動が出ており、自然体の調整とみてよいだろう。利益確定の売りをいったんこなした後、改めて上値を指向するとみている。

 ただ、今回の上昇波動は短期急騰型だけに長続きはしにくい。来週以降は調整色を強める可能性が高そうだ。上値の重しとなる要因は、やはり米国の動向だ。注目しているのは米長期金利の推移で、量的緩和縮小は先延ばしされる方向ながら、実勢経済の好調を映して今後上昇傾向を強める可能性が高いとみている。NYダウも最高値圏で頑強だが、直近はさすがに高値警戒感も出ており、長期金利上昇が足かせとなる懸念は拭えない。

 米国株の上昇が止まれば、外国人投資家のリスク許容度の低下が、日本株にも少なからぬ影響を与えることは避けられず、日経平均もいったん下値を探りにいく可能性がある。もっとも、国内は今回の中間決算で企業業績の好調が確認され、海外との比較感で日経平均の出遅れ修正余地はまだ十分に残されていることも確かだろう。年末ないし年明けには1万6000円台を回復する公算が大きい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)