ドウシシャが反落、三菱UFJMSが目標株価を引き下げ

 ドウシシャ<7483.T>が反落。この日は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断「ニュートラル」を継続し、目標株価を1450円から1350円に引き下げたことが観測されている。2年にわたり業績のマイナス要因であった液晶テレビの販売回復はポジティブだが、円安デメリットによる粗利率悪化がネガティブと指摘。14年3月期の営業利益予想を80億円から72億円へ、15年3月期を同90億円から81億円へ下方修正したことで目標株価を引き下げた。安定成長軌道に戻り、営業利益が過去最高益(12年3月期88億6600万円)を更新するのは16年3月期以降になると同証券では予想しており、急激なバリュエーション上昇は期待できないと判断したという。

ドウシシャの株価は13時29分現在1425円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)