JPX日経インデックス400導入が意味するところ

JPX日経インデックス400導入が意味するところ
JPX日経インデックス400は、これまでテクニカルに選ばれただけのインデックスに、ファンダメンタルズの要素を加味したものだ。

個人投資家がこれだけのファンダメンタルズを自分で調べるのは困難かつ、徒労に近い。となれば、採用銘柄リストを手元に置き、買いたい銘柄の最終チェックに使ってもいい。特に、2やJ、Mといった印のついた銘柄はGPIFの動きとは関係なしに、改めて外国人にアピールすることになる銘柄かと思う。
JPX日経インデックス400導入の狙い
東証のホームページによれば、JPX日経インデックス400導入の狙いは「資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、投資者にとって投資魅力の高い会社で構成される新しい株価指数の創生」とある。「これにより、日本企業の魅力を内外にアピールするとともに、その持続的な企業価値向上を促し、株式市場の活性化を図る」と出ている。

日経平均は、もともと東証一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い上位225銘柄を選んだものだ。倒産や吸収合併で消滅した銘柄があれば補充し、流動性の定義を「売買高」から「売買代金」に変更したり、業種区分のバランスを変えることなどで、常に時代に即した日本の株式市場を代表する225の銘柄群とされてきた。

一方のTOPIXは東証1部上場の全銘柄が対象だ。

しかし、近年1部以外の市場に時価総額が極めて大きな銘柄が出てきたことで、どちらも日本株を代表している銘柄群だとは言い難くなってきた。また、両者ともに上場基準さえ満たしていれば、財務や業績には無頓着だ。つまり、これらは日本の株式を「概ね」代表する「玉石混交の」銘柄群だといえる。

日本の年金などの機関投資家は、これまでTOPIXの値動きを参考した銘柄を組み入れてきた。国内株式のインデックスファンドは、日経225連動型と、TOPIX連動型に大別されているが、どちらもインデックスに連動するようにテクニカルに銘柄を選ぶだけで、ファンダメンタルズはほぼ無視、赤字会社も組み入れてきた。

それはそれで何の問題もないことは、日経平均、TOPIX、及び両者に連動するファンドが継続されることでも明らかだ。
ベター・パフォーマンス
しかし玉石混交より、玉だけを選りすぐった方がより効率的に輝くかもしれない。私自身が株式のヘッジファンドを運用していた頃は、値動きと流動性のみを注視していた。「良い株が値上がるのではない。値上がる株が良い株だ」とした著書まで書いている。とはいえ、同じような値動き、同じような流動性の銘柄では、ファンダメンタルズの良い方を迷わずに選択した。

日経225連動型やTOPIX連動型のように、ファンダメンタルズをほぼ無視することは、うまく行けばいいが、そうでなければかえってストレスとなる。そこで、アクティブなファンドマネージャーたちが多少は考慮したいファンダメンタルズを加味し、400銘柄に絞り込めば、インデックスを超えるパフォーマンスを上げるのではないかとテストしてみたというのが、私などが推測するところだ。

バックテストでは、2006年8月末から2013年8月末にかけて、TOPIXをほぼ一貫してアウトパフォームし、累積超過リターンは6%を超えた。

参照:過年度遡及値グラフ等(右画像)
※見づらい場合は関連リンク1をご覧ください。

そこで、日経平均の日本経済新聞社と、TOPIXの日本取引所グループが合同で、投資家、ファンドマネージャーによりアピールする新しいインデックスを導入する運びとなったかと思う。

では、ファンドマネージャーたちが多少は考慮したいファンダメンタルズとは、どういうものだろうか? それらは、インデックスの概要を見れば、明らかだ。以下に全文を引用する。
JPX日経インデックス400の概要
●JPX日経インデックス400の概要:ここから●

名称 JPX日経インデックス400(JPX-Nikkei Index 400)
(略称:JPX日経400(JPX-Nikkei 400))
構成銘柄数 400銘柄
対象銘柄 東証上場銘柄 (市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQ)
銘柄選定及び
銘柄入替え方法 【選定基準】
以下の手順及び基準に従い、銘柄選定を行います。

(1)スクリーニング
① 適格基準によるスクリーニング
下記のいずれかに該当する場合は銘柄選定の対象としない。
・上場後3年未満(テクニカル上場を除く)
・過去3期いずれかの期で債務超過
・過去3期すべての期で営業赤字
・過去3期すべての期で最終赤字
・整理銘柄等に該当

② 市場流動性指標によるスクリーニング
上記を除く全対象銘柄の中から、以下の2項目を勘案し、上位1000銘柄を選定。
・直近3年間の売買代金
・選定基準日時点における時価総額

(2)定量的な指標によるスコアリング
(1)により選定した1000銘柄に対して、以下の各3項目にかかる順位に応じたスコアを付与します(1位:1000点~1000位:1点)。その後、各3項目のウェイトを加味した合計点によって総合スコア付けを行います。(ROEと営業利益はスコア付けに際しての取扱いあり)
・3年平均ROE:40%
・3年累積営業利益:40%
・選定基準日時点における時価総額:20%

(3)定性的な要素による加点
(2)のスコア付けの後、以下の3項目を勘案してスコアの加点を行います。
この加点は、(2)の定量的な指標によるスコアリングに対する補完的な位置づけです※。
・独立した社外取締役の選任(2人以上)
・IFRS採用(ピュアIFRSを想定)または採用を決定。
・決算情報英文資料のTDnet(英文資料配信サービス)を通じた開示
  ※(2)の総合スコアのみによって選定を行った場合との差異が最大でも
    10銘柄程度となるような加点規模です。

(4)構成銘柄の決定
(3)の加点の後、スコアが高い順に400銘柄を選定し、構成銘柄とします。

【バッファルール】
前年度採用銘柄に優先採用ルールを設けます。

【銘柄入替え】
毎年6月最終営業日を選定基準日とし、毎年8月最終営業日に銘柄定期入替えを実施します。
算出方法 浮動株調整時価総額加重型(1.5%キャップ付き)
算出開始予定日 平成26年1月6日(月)
東京証券取引所の相場報道システムからリアルタイム(1秒毎)で配信
起算日・基準値 平成25年8月30日・10,000ポイント

●JPX日経インデックス400の概要:ここまで●

参照:JPX日経インデックス400の狙い
⇒関連リンク2
参照:JPX日経インデックス400構成銘柄 (平成26年1月6日時点)
⇒関連リンク3
参照:JPX 日経インデックス 400 算出要領
⇒関連リンク4

このスクリーニング、スコアリングの部分は、株式にとって何が重要なファンダメンタルズかを知るのに、教科書的なものかと思う。

私などは、これに有利子負債の大きさを加えたいが、本業を続ける限り「ほぼ絶対に」返済できないほどの有利子負債を抱える業界があるので、それを加味すると業種全体が抜け落ち、指数とは成り得ないので無視したのかもしれない。それでも債務超過になっていないのは、それを上回る資産があるからなのだが、資産の算定方法は恣意的にできる。逆にいえば、それほど重要な業種なので、細かな(?)財務内容などにはこだわらなくていいのだろう。

また、独立した社外取締役の選任など、外国人投資家が評価する点も考慮している。
JPX日経インデックス400構成銘柄リスト
年金運用GPIFの株式運用は、TOPIXをベンチマークとしたパッシブ運用だ。パッシブ運用の利点は、とにもかくにもTOPIXとほぼ同じリターン(リスク)であることと、基本的には運用者の能力に左右されないことだ。変な色気を出されて損されたり、儲けて増長されたり、辞められて困ることがないのだ。当然、人的コスト削減にもつながる。とはいえ、日本の株式を「概ね」代表する「玉石混交の」銘柄群に連動させるだけで、年金資金出資者に対する責任が果たせるのかと問われれば、答えに窮するかもしれない。

GPIFが「JPX日経インデックス400」をベンチマークに採用するかどうかは分からないが、私は年金の一出資者として「採用すべき」だと提言したい。

さて、銘柄への影響だが、個人投資家がこれだけのファンダメンタルズを自分で調べるのは困難かつ、徒労に近い。となれば、上記に挙げた採用銘柄のリストを手元に置き、買いたい銘柄の最終チェックに使ってもいい。特に、2やJ、Mといった印のついた銘柄はGPIFの動きとは関係なしに、改めて外国人にアピールすることになる銘柄かと思う。

逆に、225銘柄でありながら、400銘柄から落ちた銘柄は、ファンダメンタルズに魅力なしとの烙印を、日本経済新聞社と日本取引所グループから押されたに等しい。売りたい銘柄リストの最終チェックにつかえるかもしれない。