マイクロニクスが本決算を発表、14年9月期は営業利益2割増益予想

 日本マイクロニクス<6871.T>がこの日の取引終了後に連結本決算を発表しており、14年9月期は売上高240億円(前期比17.7%増)、営業利益17億円(同21.6%増)、純利益12億円(同9.0%増)を見込んでいる。スマートフォンやタブレット端末の市場拡大を背景に半導体検査装置の需要増加を予想しており、これを追い風に売上高・利益が伸長する見通し。
 なお、13年9月期は売上高203億8700万円(前の期比13.7%減)、営業利益13億9800万円(前の期23億6200万円の赤字)、純利益11億円(同50億4300万円の赤字)と営業損益段階からの黒字転換に成功した。事業構造改革に取り組み生産の効率化や部材調達の見直しなどによる原価低減を継続して推進したことが奏功した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)