東芝がオリックスと地熱発電事業を推進

 東芝<6502.T>は19日、オリックス<8591.T>と地熱発電事業会社を共同で設立、岐阜県奥飛騨温泉郷中尾地区で地熱発電事業を進めていくと発表した。新会社の中尾地熱発電の資本金は1億9800万円で、東芝が55%、オリックスが45%を出資した。新会社は中尾地区内で源泉の調査や噴気試験、周辺環境を調査、事業性が実証された場合、15年の発電開始を目標に発電出力2000キロワット(2メガワット)規模の地熱発電所の建設を進める。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)