ノジマが急落し値下がり率トップ、公募増資による希薄化を懸念

 ノジマ<7419.T>が急落。一時、前日比157円安と約15%下落し、9時50分時点で値下がり率はトップとなっている。19日、公募増資と自己株処分を発表しており、1株当たり利益の希薄化を懸念した売りが膨らんでいる。公募増資315万株と65万株の自己株処分の公募、上限57万株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。発行済み株式数は最大で約18%増える。
 公募に伴う調達金額は約33億9000万円でカンボジアに設立した子会社への出資金、ベトナムのチャンアインデジタルワー ルド社との資本業務提携に伴う出資金などに充てる。発行・処分価格は27日から12月2日のいずれかの日に決定する。

ノジマの株価は9時52分現在869円(▼145円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)